ガールズヒップホップをチームを組んで練習するメリット・デメリット - ガールズヒップホップをスクールに通わずマスター!

ガールズヒップホップをチームを組んで練習するメリット・デメリット

ガールズヒップホップを、自分たちでチームを組んで練習するメリット・デメリットには
どのようなものがあるのでしょうか?詳しく解説していきます。





■チームを組んで練習するメリット

1、自分たちで全て自由に決められる

自分たちで組んだチームですから、全て自由に決められます。
いつどこで練習するのか?どういうダンスを目指すのか?

全て自由です。
少人数なので自分の意見も大きな影響力があります。
自分の希望が叶えられやすい環境であるといえます。


2、強いつながりが生まれる

チームを組むときはだいたい数人です。有志の2〜6人くらいです。
部活やサークルよりも少人数なのでその分信頼関係も大きくなります。

家族以上に一緒にいる時間が長くなるかもしれません。
こういったつながりは、もしチームを解散することになった後でも
ずっと長くつづきます。

一生の親友ができることも少なくないでしょう。


■チームを組んで練習するデメリット

1、部活やサークルと違って自分たちでスケジュール・金銭管理しなければならない

部活やサークルであれば、だいたいリーダーや担当の人が
練習スケジュールや費用の管理をしてくれますが、

自分たちで組んだチームですと当たり前ですが、自分たちで全てを管理しなければなりません。
ダンスだけやればいいという訳にはいかなくなります。

ですのでその分、ダンス以外の負担も増えてきます。


2、上手な人がいなければ上達しない

これは部活やサークルでガールズヒップホップを習うデメリットとも同じことがいえます。
組んだチームに上手な人がいなければ、上達は遅くなります。

ある程度経験のある人がいるのならばいいのですが、
全くの初心者からのスタートですと、自分たちで全て手探りで練習していかなければなりません。


3、ちょっとした意見の食い違いで解散するこがある

チームは少人数です。
自分の意見が通りやすい反面、他の人の意見も多くなります。

チームが解散してしまう理由としては、意見や価値観の食い違いが多いです。
( 恋愛と一緒ですね^^; )

ちょっとしたことで食い違い、お互いに理解し合えないと
たやすくチームは解散になってしまいます。

ほんの少しの食い違いでもみんなで話し合いをする必要があります。






以上が自分たちでチームを組んでガールズヒップホップを練習するメリット・デメリットです。


ガールズヒップホップをDVDや動画を見て練習するメリット・デメリット





タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

おすすめDVD
Copyright © ガールズヒップホップをスクールに通わずマスター! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。